復縁の占いをしてもらいにいくときの心構え

占いをしてもらいたいと思うきっかけになる事件というのは人によって色々とあります。運勢を知りたくなって占ってもらうということもありますが、もともと占いを頻繁に使っていなかったことが藁をもすがる気持ちで占い師のもとを訪れるという場合に多いのが、恋愛関係の悩みです。その中でも復縁に関わるものがありますが、実際にどのようにして占ってもらったら良いのかについてポイントがあります。

■復縁の占いをしてもらうときに先に考えておくこと
振ってしまった相手や振られてしまった相手と復縁したいとは誰もが思うことがあります。その程度によっては他のことに手がつかなくなってしまうほどのこともあり、日常生活に支障がでるほどになってしまうので対策を立てる必要があり、藁をもすがる思いで占い師のもとに足を運ぶ人もいます。ただ占ってもらうということはできるのですが、具体的にどういう占いをして欲しいのかということを考えておくとより自分の臨みにあった占いをしてもらうことができます。霊感や西洋占星術等で占いをする場合には抽象的で漠然とした問いに対しては抽象的な、具体的な問題に対してはより具体的な指針を与えてくれます。そのため、占って欲しい人の目的としていることがはっきりとしているとより明快な答えを受け取ることができるのです。相手の気持ちを知りたいのか、復縁できる可能性があるのかを知りたいのか、復縁を望むならいつそれを切り出せば良いのか、手段はどうしたら良いのかと考えていくとどこまでを占いに期待するかは人によって異なるでしょう。その踏み込む地点を予め考えておくとよいのです。

■必要な占いの種類も目的によって変わる
復縁について占ってもらうときには占い師の得意とする分野をよく見ておくことが大切になります。比較的万能で具体的な指針をもらいやすいスピリチュアや西洋占星術、タロットといった占いを得意とする占い師を選ぶことでより具体的な方向性を定めやすくなります。逆に四柱推命や姓名判断といった占術を得意とする人に相談すると、復縁することに意味があるかといった問いをかけることも可能になります。その人との相性が良いかどうかということを占ってもらうことができるからです。また、復縁した場合と復縁しなかった場合とで、その後の運勢がどう変化するかということを占ってもらいたい場合にも比較的良い選択肢となります。占いの種類によって近い未来を予測するのを得意とするタロットのようなものや、遠い未来の運勢までを判断できる四柱推命や姓名判断のようなものがあり、どういう視野をもって占いをしてもらいたいかで必要とされる占術の能力も変わってくるのです。そういった理由もあるからこそ、実際に占ってもらう前から自分が何を知りたいのかということを考えておくことが大切なのです。

■占いを活用した復縁には根気が必要なときも
復縁をするというのは自分と相手だけの間で全てが決まるというわけではなく、複雑な人間関係が関わっている場合もあります。そういった場合には当事者である本人も知り得なかった情報があったために占いをした際にも事実と少しずれた視点から占いが行われてしまって、完璧に的中する結果が得られないということもしばしばあります。そこまで全て読み取ってカバーできるかどうかは占い師の熟練度にも依存しますが、概して物事が複雑になればなるほど見えない内容まで全てカバーするのは難しく、完璧を求めるのは困難です。しかし、復縁のための具体的な指針を聞いているときには一回限りではないということを知っておくのが大切です。占ってもらった結果に従って、もっとも運気の良い日に適切な方法で復縁を求めて失敗しても、その結果をもって相談して新たな指針を占ってもらうことができます。やはりよりを戻す方向に向かっていきたいと思えばそのための方法を必死に占ってくれるものであり、そうやって何度も繰り返すことによって復縁が達成されることもよくあります。根気も大切なのが復縁なのです。