思念伝達で復縁を成功させる前に知っておきたいこと

思念伝達とは、字のごとく”思い”を”念”として相手に”伝達”させることです。現在数多くの占いの種類がありますが、復縁や片思い成就を願う方々の間で人気を集めているのが、この思念伝達の方法です。相手の心に自分の思いを届けることができ、思念伝達のおかげで恋愛が成就したという喜びの声が後をたちません。そんな思念伝達に関する情報や知識をまとめてみました。

■思念伝達の力は誰もが持っている力
思念伝達は占いの一種とされていますが、そもそも人間が潜在的に持っている力を利用した方法です。実は、思いを念として伝達したり受け取ったりする力は、誰もが生まれながらに持っている力の一つです。例えば、相手の雰囲気やオーラから相手が自分のことを嫌っているのが伝わってきたり、逆に好かれているのが分かったりするのは、まさしく思念伝達の力によるものです。その他にも思念伝達が引き起こす体験を我々は、日々経験しているはずです。思念伝達は、相手と自分の気持ちが繋がっていればいるほど強力に作用します。例えば、長年連れ添った夫婦が、会話もなしで相手の気持ちが分かるのもそのためです。双子の兄弟が似たような行動をとるのも、お互いの心が究極なほどリンクしているからでしよう。しかし、この人間誰もが持っている思念伝達の力を、自分が思ったようにコントロールして使うためには相当な修行が必要になります。ましてや片思いや復縁などで、こちらの気持ちを相手に伝えるとなると、気持ちがリンクしていない可能性がありますから、余計に強いエネルギーが必要でしょう。

■必要な物は相手を思う気持ちだけ
片思いや復縁などを理由に思念伝達の占いを利用するためには、強いエネルギーが必要だと言うことは説明済みです。それは、お互いの気持ちが通じ合っていない分、こちらの気持ちを一方的に相手に送り飛ばさなければいけないからです。しかし裏を返せば、相手を思う気持ちが強ければ強いほど、それがエネルギーとなり相手の心に伝わりやすくなるということです。また、ネガティブな感情はエネルギーは強いが伝わりにくく、ポジティブな感情はエネルギーは劣るがその分相手の心に伝わりやすいという性質があります。これは、人の心にはポジティブな感情は受け入れて、ネガティブな感情をはね除けるバリヤーがあるからです。思念伝達によって相手に思いを届けたい場合には、できるだけネガティブな思いは捨て、ポジティブな思いだけを持つようにすると良いです。これらがうまくいくと、相手からの反応が返ってくる場合もあります。それはメールや電話などの直接的な返事かもしれませんし、相手の心の声が念として伝わってくるかもしれません。場合によっては全く伝わらないこともありますが、何度も行うことで受け入れやすくなります。相手を思う気持ちが本気なら、あきらめず強い気持ちを持って挑戦してみてはいかがでしょうか。

■思念伝達のメリットと注意点
思念伝達の最大のメリットは、こちらから相手の心に思いを伝えることができることでしょう。一般的な占いでは、未来や将来、これから取るべき行動を示してくれるだけですが、思念伝達は直接アピールができます。先ほどから例に出している、片思いや復縁を希望されている方には効果的な占いの方法です。ただ相手の気持ちが知りたいだったり、すでに関係がうまくいっていて、これからもその関係を保ためにはどうすればいいかなどを知りたいなら違う占いの方法がむいています。しかし、相手の心が自分に向いていなくて、それでもどうしても振り向かせたいという強い気持ちがある場合には思念伝達が最も効果的なのではないでしょうか。相手の心の奥深くに入り込みあなたの念を植え付けるのですから、これが達成されれば、頭ではなく魂同志で引かれ合うようになります。そこから生まれる関係は、より深くそして壊れにくいものになるでしょう。しかし、どんな相手にも思念伝達が達成されるわけではありません。相手が少しでも自分のことを意識していればその隙間から入りこみ、思いを伝えることができますが、その逆だった場合は入りむことさえできません。相手が自分のことを良く思っていなかったりした場合は、すぐに思念伝達に頼るのではなく、まずは直接の行動による関係の改善から図るべきでしょう。